読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超越環境個人的なんで刷った大賞(時空超越〜刃華超克)

カードゲーム


Gレギュレーションとかいうのが公式であるそうなので超越環境で登場した個人的にクソ雑ゲキ強テキストだと思ったカードたちを紹介したいと思います。
といっても今回はGレギュレーションとか関係なく単純に超越環境以降で出たカードたちを挙げていくので超越環境以前のカードと組み合わせないと使えない、もしくは強くないとかそういうのは今回考慮しません。

EBを含む時空超越から刃華超克まで時系列順に追っていきましょう



・神聖竜 サンクチュアリガードレガリア (FC2015収録)

きわめて雑にクソ強いカードと言えます。
初回から使えるうえにただ前列をパンプするのではなくターン中前列パンプというイカれた査定のおかげで高パワーで4パン以上することも可能、そして最も問題なのはこれを使うのはGBに頼らない優秀な基盤をもつロイパラということだと思います。
本来カードゲームのウィニーは中盤以降きつくなっていくものです。
サンクというデッキは序盤展開札が多い上にテキトーにG0を投げても打点が出るのでVGのウィニー的立ち位置だと思うのですがなぜかこのデッキ中盤以降打点が重くなります。『速くて重い』意味がわかりませんね、謎です。

現在環境的に向かい風のため下火とはいえGレギュレーションでは猛威を振るうのではないでしょうか、DAIGOさん結婚おめでとうございます。



・滅星輝兵 ∞ グレンディオス (FC2015収録)

『なんかクソ優勢だったはずなのに5点入れたら死んだ byねく◯と』『相手が急にお祈りポーズしてきて4ノー!!とか叫び始めて☆捲れなかったらGACKT顔負けのガッツポーズからの返しに殺された、とてもウザかった byね◯すと』『先3までツッパしたらダメ引からの後3∞グレンで逝かされた byねくす◯』

などと数々の怒りの声が届いております。
ビート型が雑に特殊勝利してくるだけでもウザいのに0止めグレンとかいう闇のデッキも生み出してしまいました、罪は重い。


・ Duo 誘惑の天使ネムエル & Duo 誘惑の悪魔ウェパル (歌姫の学園収録)

テキストを初めて見たときの「なにこいつ雑すぎやろ…」感は異常でした。さすがに現在は見なくなりましたが出た当時の環境ではどっちがデッキか手札かわからなくなるようなハンド量に加えレギオン+完ガサーチとかいう意味のわからない硬さで猛威を振るいました。
こいつらが環境から消えたという点からいかに今のVGが異常か考えさせられるところがあります。


・ドクトロイドリフロス(討神魂撃収録)

テストプレイヤーの怠慢が生み出した悪魔。
このカード群でランキングをつけるなら他のカードの順位は迷うかもしれませんが1位はぶっちぎりでこいつでしょう。
ダメ入れ替え、ダメ入れ替えから起こるパンプ、ハンドのリフロスが別のカードに変わるので実質的なハンド入れ替え、これを一気にやりながらなぜかCBが1回復します。謎です。
『まあ醒トリガーなら誰も使わんやろ!』みたいなノリで作られた気もします、許せねえ。


・閃く波紋 オデュッセウス (連波の指揮官収録)

波紋とかいう謎のカテゴリーを環境トップまで無理矢理押し上げたクソ雑ゲキ強カード。
公式cs問わず国内大会、世界大会で暴れまわり3ヶ月ほどで規制。ディセンダントクラスです。
当時の環境を考えると規制は至極妥当ではあります、正直僕もほっとしてました。
ですがそもそも今落ち着いて考えてみると3ヶ月で規制をかけるようなカードを出すこと自体テストプレイヤーの怠慢を晒してるようなものだと思うので非常に残念です、遊戯王の規制スピードで感覚が麻痺してました。


・混迷の星輝兵 ジンク (月煌竜牙収録)

なにを血迷ったらこんなもんを刷ろうと思うんだ的なテキスト。
ここまで雑にCBとソウルを補充されると構築段階でLJ相手に無対策だとなにもできません、カオブレが無尽蔵にドロー焼きロックを繰り返してくる一方的な暴力です。
こいつ自体もソウルに入るためラグはあるもののカオブレスキルでプラマイ0どころかリアを焼いています、凄まじい。


・ 愛の狙撃手ノキエル (FC2015winter収録)

ターン1をつけなかったブシロード、無能。
現環境で猛威を振るっているので特に説明はいらないと思います、リフロスとノキエルとかいう悪魔と悪魔のコンボはもはやVGの領域を超えたなにかとしか言いようがありません。
GレギュレーションだとG3以外のノキエルが使えないのでデッキとして成り立たないためこのまま公式がGレギュレーションを推してくると永遠に規制がかかりません、ファッ◯ン。


・ コスモスの妖精 リズベット (刃華超克収録)

過ちを繰り返していくブシロード、無能。
カンガループ、鬼マリガン、無限パンプとリフロスを彷彿とさせる醒トリガーです。
リフロスで反省して規制するのではなく、それと同スペックのものを刷ってやろうという発想、なかなかクレイジーだと言えます。


他にもあると思いますが個人的に目立ったところはここらへんかなって感じです。
ここまで書いてて気づいたんですがここに挙げたカード、Gレギュレーションだと本来の力を発揮できないものばかりです。
もしかしたらGレギュレーション良環境なのではないでしょうか? 
公式の結果が楽しみです。