読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新制限から読み解くヴァンガードの新たな規制の方向


こんにちは、今回は新制限について話そうと思います。

規制内容としては
1枚制限 リフロス リズベット
検討組に
レガリア、タイダル、チクタクワーカー、ローレル、ブロークン
です。

とりあえず公式ルール云々は抜きにして制限組のカードの性能を一枚ずつ解説していきます。


・リフロス
醒トリガー(自身)が山に戻りつつブロークンなどのパンプも誘発し、ダメージにパーツを持ってきつつCBが1回復する不思議なカードでした。VにG3ノキエルがいるとアドが発生しはじめ、環境を荒らしまくりました。

・リズベット
十中八九無限メイデンのせいだと思います、無限メイデンを知らない人はこのブログの前の記事を読んでください。
0枚指定で山に帰って実質マリガンをしたりパーツや完ガなどを山に戻したりマルチビタミンによる無限パンプが発生したりとスーパーロックなカードでした。

【新制限に対する感想】
リフロスはテキスト的には妥当だと思います、妥当すぎて逆に驚きです。
そしてリズベット、これは全く妥当じゃないです^ - ^
無限メイデンというデッキ全体として元々ギアクロには不利がついており、『大和cs調整録』にも書きましたがノキエルリンクには無限メイデンに対して明確な対策プレイがあります。
この時点で環境上位のクランのほとんどに不利がついていることになり、僕の中では完全に終わったデッキでした。
確かにリズベット単体でもかなりのパワーカードだと思いますが単体に対して規制をかけるほどではないと思うのでかなり不思議な規制だと思います。

ここからはヴァンガード新規制方式の考察です。

【公式の結果は重視しない】
僕の知る限りノキエルと無限メイデンが公式にレシピが載るほど勝ったことはなかった気がします。CSなどの大型非公認大会ではノキエルが勝ちまくっていたのでそういう公式の管轄外の結果も参考にしていくということでしょう。


【使用率は重視しないことがある】
多分CSで無限メイデンで結果を残したのは僕以外いないと思います。当然公式でも結果を出していないどころかほとんど使ってる人すらいなかったと思います。
ヴァンガードの規制においては『使用率』という言葉がかなり使われてきましたが要するにヤバそうなものはとりあえず規制かけとく、というスタンスに変更したんでしょう。


【ループと時間を使うテキストを嫌う】
リズベットリフロス共にパワーカードであると同時に1ターンに大量に使う&一回毎にシャッフルを挟む、という処理が長めのカードでした。
ただテキストを処理しているだけで時間切れで両者敗北は避けたいという思いからの今回の規制、そして制限時間の延長だったのではないでしょうか。
そしてループ、この2枚の共通点でもあります。
ヴァンガードにおけるパワー無限はさすがに強すぎるので規制なのか、はたまた無限の一見複雑な(知ってればそうでもないんですが)処理でジャッジを呼ばれまくって時間を取られるのを避けるためかはわかりませんが明らかにループを嫌った規制に思えます。


以上です。

正直に言うとリズベットの規制は割と嬉しかったです。自分が作ったデッキで公式が何か対応をするといった経験はなかったので新鮮でした。
またクソみたいなデッキができたらブログに載せると思います、よろしくお願いします。