読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなでつくる自由研究【呪われし槍の死霊騎士を考える会】

 
 
今回のテーマは『みんなでつくる自由研究です!』(僕の構築力が足りませんでした…)
 
今回の軸に据えるカードはこいつです。
f:id:nextnext1113401:20160527140834j:image
 
うーん………ゴミ!!!
クソゴミ査定カードですが他のG3ユニットと差別化できる点が1つあります。そう、ターン1制限がないのです。ターン1制限なくVで蘇生しまくれるカードはこいつしかいません、とりあえず基盤となるパターンを2つ紹介します。
 

 

 
 
 
『みっくサーペントティア』
f:id:nextnext1113401:20160527140849j:image
f:id:nextnext1113401:20160527141655j:image
f:id:nextnext1113401:20160527141656j:image
 
まずCB2でみっくを蘇生、なんでもいいのでリアに+10kを振ります。
次にサーペントをみっくの上に蘇生、実質CB1.SC1です。
最後にいつものこいつ
f:id:nextnext1113401:20160527141155j:image
こいつをCC5枚モードにしてサーペントの上にコール、効果を打ちます。そしてティアの上にみっくをコール(みっくが墓地にない場合はパターン2に行きます)以下繰り返しです。
これで山プラマイ0.SB1で+10kを得ることができます。
 
 
 
『サーペントサーペントサーペントティア』
みっくサーペントティアの動きをするとソウルが1枚ずつ減っていきやがて枯れてしまいます、その時に使う動きです。
サーペントを蘇生、サーペントの上にサーペントを蘇生、さらにもう一回サーペントの上にサーペントを蘇生します。
これでCB3でソウルを3枚得ることができました、ティアSB2で5枚表にするとソウルが1枚増え、山が3枚削れた計算になります。
必要なサーペントの枚数は2枚です。
 
この2つの動きを併用することで最終的に山をスタンドだけにしつつリアのパワーがどんどん上がっていきます。みっくが墓地からいなくなるタイミングもあるでしょうが、サーペントサーペントサーペントティアの動きは当然ディスアド無しの墓地肥やしとしての動きでもあるので問題ありません。墓地に落ちるまでその動きを繰り返せばOK
貯まったソウルは後から全て吐き出します。
 
 
これを踏まえてこのデッキの他の無限勢と比較しての強みと改善すべき点を挙げます。
 

 

まずは強みから
 
・【パンプカードが指定されていない】
他のデッキで言えばブロークン、スカイタイガー、エイヴォンヤルムークなどの用意すべきカードがありません、ここは評価できる点だと思います。
 
・【サーチカードが強い】
『おばだいあ』とかいうサーチカードとしては最強スペックのカードの他にも『抜け駆けするゾンビ』が存在します、確実性はないもののノーマルユニットの枠を割かずに採用できる『演奏するゾンビ』も優秀です。
 
 
ここからは改善点
 
・【ティアを5枚回復モードにしないといけない】
ペイルやバミューダは5枚モードならもちろん強いですが3〜4枚モードでも十分動くデッキでした。
他と差別化するとなるとここが一番厳しいと思います。 当然『5点受ける』ことも必須条件に入ってきます。
 
 
・【中盤が脆い】
ティアを5枚回復モードにするということは基本ブリーザを2回打たないといけないということです。その間Vがクソバニラなためナイトローゼの超越テキストやコロンバールでバンシーや砲撃手を釣ってきてごまかすくらいしかできません。
しかもブリーザがCBを地味に喰っていくので砲撃手までうまく繋がらないことがあります。
 
 
・【そもそもあまりパンプができない】
回すとわかるんですけど山の削れる速度に対してパンプが少なすぎます
 
 
大きなところはこの辺ですが改善点のほうがあまりに大きかったため構築記事としては没になりました。
ただ僕の構築力が足りなかったところもあると思うのでここにこの案を置いてここからは各自で考える、という形式をとりたいと思います。
 
これ使えば余裕やんけ!とかそもそも死霊騎士使わなくてもできるやんけ!とかコメントしてくれると嬉しいです。
もちろん『出来たけど秘密^ - ^』でも構いません、自由研究を楽しんでください。