読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOリンクのFvについて

こんにちは。

今回はタイトル通りLOリンクのFvについて話したいと思います。
つい最近Twitterでこんなアンケートをとりました
f:id:nextnext1113401:20160606001937p:image
アンケートに参加してくれた方、ありがとうございました。
やはりまだカーボンのイメージが抜けきっていないということがなんとなくわかりました。
 
なんで今更こんなこと記事にするかっていうとLOリンクのFvが変わったからですね。
 
f:id:nextnext1113401:20160606002350j:image
今の僕のFvはシズク互換です、とりあえずここに至るまでの経緯を説明します。
 
 
まず初期型(フリーズレイ投入前、下の記事のやつです)
 
Fvはカーボンでした。
理由としてはジンクを吸うタイミングが関係してきます、基本的にこのデッキはどこかでジンクを1回吸わないとソウル的にもCB的にも厳しいです。
このころのLOリンクのメインの動きはユニバース→トランスエルスという形でした、ハーツがカオス名称なら面を埋め、オルターエゴなら最速GB2達成からドローが成立するからです。
この動きではカオス名称がVにいるターンが序盤のみ、かつそのターンが短いので確実にジンクを吸えるカーボンが採用されました。
 
 
次にLOリンク改
 
これではFvが落とし子になっています。
理由としてはフリーズレイが大きく絡んできます。
フリーズレイに乗った場合相手の要求値を大きく削ることができますがこちらのターンでロックカードを作りにくいです。
1枚目のロックカードがない場合フォトンやコールドデスが反応しないためジスプロシウムなどを引けてない場合の保険として投入しました。
ジンクを吸うタイミングが序盤ではなくなった(フリーズレイマデューを数回→オルター乗り換えトランスエルス大量ドロー→ユニバースジンクでソウルとCB補充という動き)のも理由の一つです。
 
で、最後に現在の型、Fvはシズク互換になっています、それはなぜか。
 
【フリーズレイに乗りたいから】
 
以上!終わり!
だとさすがに説明不足なのでもう少し解説します。
といってもフリーズレイに乗りたいというのが理由の大半です、現在環境上位勢相手では七海、ペイル、ギアクロあたりとは最速フリーズレイができるかどうかで大きく勝率が変わってきます。
 
そして
【G3の重なり】
これもシズク互換採用に至った理由です。
このデッキにはGガーディアン抜きでのフリーズレイ初回超越はマデューしか用意されていません。
つまり初回超越時にG3を2枚以上持っていないとクソ弱くなってしまうわけです。
G3.11枚とはいっても確実に2枚重なるわけではないのでより確率を上げるためにFvシズク互換というわけです。
 
最後に【パーツ集め】
シズク互換を使わずフリーズレイに乗れた!このFv用無し! というわけではありません。
LOリンクはG3乗り換えを多用するデッキなのでパーツを集めるためのカードとしても非常に便利です。
 
 
というわけでFvがシズク互換になりました。
あと画像ではプレアデスを使用しましたが実際に使う場合はニエの方が良いと思います。
すごい細かいんですがニエはリンクジョーカー以外も加えられ、プレアデスは加えられません。
Fvがプレアデスだとクレイドル以外のリバースユニットが加えられないので構築段階でグレンが入ってないのがバレます、一応ニエにしときましょう。