読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FR2016 博多地区大会 結果 考察

こんにちは。
今回はFR2016 博多地区大会の結果を見るとともにそれに対する考察もしていきたいと思います。
今回は新制限後Gレギュレーションの初大会ということで同環境の文献が一切存在せず、プレイヤーの構築力が試される大会となっていたと思います。
 
とりあえずまずは結果とレシピから見ていきましょう。
 
結果
1位 ギアクロ
2位 かげろう
4位 かげろう
 
ベスト8
かげろう
かげろう
たちかぜ
ギアクロ
アクフォ
アーシャ
 
レシピ
1位 
f:id:nextnext1113401:20160605234050j:image
2位
f:id:nextnext1113401:20160605234245j:image
3位の方のレシピは見つけられませんでした
 
4位
f:id:nextnext1113401:20160605234145j:image
f:id:nextnext1113401:20160605234153j:image
 
Gレギュレーション屈指のデッキパワーを持つギアクロが1位、勇輝で強化されたかげろうが2位と4位という結果なりました。
 
通常のクランファイト環境上位に位置するデッキタイプ、ノキエル、LO、七海、ペイルなどが構築不能もしくは相当デッキパワーを落としているので通常レギュレーションとは大きく様変わりした結果となっています。
 
ここからは各レシピを見ていきましょう。
 
まず1位のギアクロ
今流行しているチクタクワーカー3積みタイプのデッキです。といっても前環境のテンプレ構築とは大きく変わっています。
まず引トリガーが抜けており、レヴォリューションも抜けています。
ワープドライブも2投になっており、それもあってかウルワタルよりもギアキャットが優先されています。
個人的にギアクロで引無しのG3シシルス合計枚数が10枚はなかなか勇気がいると思うのですが、ミラーというよりは対ガウリールに寄せた形なのでしょうか。
13kガウリールを躱せるメリアンナも投入されています。
 
次に2位のかげろう
ルーレンベローグが合計7投、メイトはルール的に入れられないもののレギオンまで投入されているということで非常に守備的な意思を感じるレシピです。
ただコンローが4投されている割にはハルクロアーまでは採用されておらず、G2帯にCBを使用するカードが入っていないのでCBを持て余しそうな印象が見受けられます。
 
最後に4位のかげろう
こちらはブレードマスターを基盤とした型になっています。
こちらは除去をVに任せ、ラディエントやナーデルで打点を出す型だと思われます。
ネハーレンのようなカードはないもののナーデルがCBを回復しながら11Kブースターとして盤面に残るのでコンローを多く採用するオバロ型よりも場持ちがよさそうな印象です。
ナーデルとのかみ合いでG2バニラも投入されています。
Gレギュレーションらしいオリジナルな構築だといえます。
 
 
以上です。
雑感としては今回は上位にあがってはこなかったもののGレギュレーションでもエンジェルフェザーは強力であり、それを意識した構築をすることが上位入賞のための大前提という印象を受けました。
Gレギュレーションらしい通常ルールとは違ったオリジナルな構築が見れて面白かったです。
 

予約トレカ【ボックス】カードファイト!!ヴァンガードG クランブースター 祝福の歌姫[VG-G-CB03]新品トレカ【ボックス】カードファイト!!ヴァンガードG ブースターパック第7弾 勇輝剣爛 [VG-G-BT07]