読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限メイデン

ヴァンガード
 
今回は『0止めETメイデン』が進化した『無限メイデン』の紹介です。
 
 
 
 
G3 ランブリングローズ4 トレロ1 アーシャ2
G2 ロストメモリー4 フラワースクリーン4 ポックル2 サリアンナ1
G1 リルガ4 フルーツバスケットエルフ4 スイートベリー3 パドミニ3 
G0 Fvエルミ2 醒8(デイブレイク4リズベット4)引4 治4
Gゾーン 夢紡ぐアーシャ4 マルチビタミン3 アトモス1
 
 
 
 
 
テストプレイヤーの怠慢が生み出し、プレイヤーの怠慢で2ヶ月近く世に出ることがなかったデッキ。
どう考えても環境トップクラスの力を持っており中堅以下は虐殺、ノキエルリンク対面も有利です。サンク相手は初回超越時にロストメモリーを持てていないと厳しいですがノキエルが幅を利かせているため当たる確率は低くなっているのも◎
 
基本的な動きは前回の記事に書いてある『0止めETメイデン』と同じでロストメモリーフルーツバスケットの大量ドローを基盤にしています。ただあのデッキは基本的にETフィニッシュしかできず、公認非公認問わず両者敗北ルールでは使用することができませんでした
 
その欠点を改善したのがこの『無限メイデン』です。なにが無限かっていうとパワーが無限なわけです。まずこのデッキを回す上での基本形、無限5パンを説明します。
 
 
例えばこの盤面で山をスイートベリーとリズベットのみにします。そうするとリズベットを引いた場合盤面のリズベットAの効果が誘発し登場したリズベットBにブルーム効果が付与されます。ここでマルチビタミン効果も発動し、リズベットAにパワーがプラスされます。そしてリズベットBが墓地0枚指定でデッキに戻り1枚ドロー。引くのはスイートベリーorリズベットなので再度この手順を繰り返します。そうするとマルチビタミンの効果が無限に誘発しリズベットAのパワーが無限になります。
 
当然横に置くのはリズベットネームをコピーしたフラワースクリーンでもかまいません。V裏にリズベットを置くと全ラインが無限になります
 
最後に、スイートベリーをサリアンナでコピーしてハンドのデイブレイクを効果でデッキに戻すと山の中身が醒4他1になるため確実に横2体を起こすことができます。
リズベットが墓地に落ちていたりダメに落ちていたりしてもデイブレイクの枚数を調整すれば問題ありません。
 
これが無限5パンです。文章で見ると分かりづらいかもしれませんが実際やってみるとかなり簡単です。確定で醒を2枚捲れる山にならなくても無限で3~4パンを繰り返して圧倒的リソースで防ぎ続ければ勝手に死にます
 
そもそもそんな都合よく山の中を操作出来るわけないやろ!と思う人も多くいると思いますが一旦ロストメモリーフルーツバスケットが決まり始めれば3ターンをもすればパワー無限を叩き出すことができます。 
それもそのはず1ターンにドローで1枚ドライブで3枚、ロストメモリーフルーツバスケットで6枚引いているわけなので3ターンで30枚は削れているわけですからね。そこからリズベットスイートベリーを戻し山から1枚ずつ不純物を抜いていけばいいわけです。クソ簡単です、頼むからテストプレイしてくれ
 
 
 
 
ここからは各カードの解説に入ります。
 

 

 
・G3
 
・ランブリングローズ
 
神レギオン。登場時にエルミをコピーできるため一瞬でロストメモリーが3枚揃ってしまいます。SBもこのデッキにおいては乗った完ガやパーツを墓地に落とせるメリットでしかありません。
そしてレギオンループ。治治ランブリングトレロ戻しで山に戻したランブリングを回収。フラワースクリーンで一枚山に戻せば永遠に山が減りません。ランブリング乗り直しのSBでランブリングとトレロが墓地に落ちるので完全なループです、ETルールがあるときに活用しましょう。墓地のリズベットやデイブレイクを回収する意味のレギオンももちろん可能であり、メインVながらデッキの潤滑油として働きます。
 
 
・トレロ
 
メイトです、終わり。 
今回参加したcsが両者敗北式でレギオンループをする必要がほとんどなかったためピン
 
 
・アーシャ
 
ブロークンをかわすためのカード。
ロストメモリーフルーツバスケットインターセプトで止めることができるため夢アーシャの効果で19ラインまであげ、Vでリアのインターセプトを1体潰せば仮に相手の前列が全てG2でも通すことができるというのが基本的な動きです。
ただし、相手の盤面にブロークンがいる場合VのアタックにG1ノキエルを切られてVのパワーがあがり、ロストメモリーがヒットしないという事が起こります。
そこでこのアーシャ。GB2スキルによって両列のロストメモリーフルーツバスケットが24kになります。これでRRVの順番で殴ればかわせません。 超越が切れた時の乗り直しにも使えます。
 
 
 
G2
 
・ロストメモリー
 
フルーツバスケットエルフがいるクランになぜ刷ったのか問いただしたいところです。
圧倒的ドローでハンドを要塞にします。増やして当てて引くだけなので特に解説はありません。
 
 
・フラワースクリーン
 
大罪人。せこすぎの翁。
墓地のノーマルユニットを戻すことでリアにいるユニットの名前をコピーすることができるもの。
まず『墓地のノーマルユニットを山に戻す』というところですがもはやコストではなくメリットです。リズベットは2枚コールしないと山に戻すテキストが使えませんがこいつは1枚で機能する上にターン1。足りないパーツを山に戻したり前のターンに切った完ガを山に戻して大量ドローで引きにいったりもできます。
リア両列にロストメモリーフルーツバスケット、V裏にロストメモリーはいわば黄金の布陣。これを組まれると完ガが尽きることは基本ないです。
そして『ユニットの名前をコピーする』効果。
とりあえず頻繁に使う例をあげます
 
・V裏でロストメモリーのコピー
・リズベットAコール→フラワースクリーンをリズベットに→リズベットBコール→フラワースクリーンにもリズベット効果付与
・フラワースクリーンでリルガAをコピー→リルガBをコール→フラワースクリーンバウンス
・最後の無限パンプでリズベットの代用
 
ここら辺だと思います、まさに悪そのものです。頼むからテストプレイしてくれ
 
 
 
・ポックル
 
これを入れるとリンクに負けなくなります、対リンクは各カード解説後に説明します
 
 
・サリアンナ
 
便利な増殖カード。序盤から終盤までパーツコピー、完ガコピー、無限パンプの下準備といつ引いても役割が持てます。Vがランブリングでアーシャに超越していないときは使えないので注意
 
 
 
G1
 
・リルガ
 
このデッキ完ガ増やせるんすよ(意味不明)
切った完ガを無償で山に戻してサーチもできるとかさすがに謎すぎますね、なんで刷っちゃったんでしょうか
 
 
 
極悪人。本来通るはずのないロストメモリーが通り続ける。
後述しますが対リンクは1点も与えてはいけないので相手がV単騎でターンを返してきたらV裏においてノーダメドライブをするかパーツが揃っていれば横のロストメモリーフルーツバスケットを捻ってVは起こしたままターンを返しましょう、ヴァンガード最高!
 
 
・パドミニ
 
メイデンのシシルスもどきを使う意味がないタイプのデッキなのでこっち。
G3.7枚のシシルス3枚で10枚態勢。2回目以降の超越は大量ドローにより超越コストに困ることがほぼないためこの枚数。
 
 
・スイートベリー
 
こいつも大罪人。どう考えてもCBかSBはつけるべきだったと思います
フルーツバスケットやロストメモリーコピーで盤面完成、リルガコピーで完ガ増殖、リズベットコピーで無償マリガンや無限パンプ、こいつがいるだけでデッキの回転率が全く違います。
頼むからテストプレイしてくれよな
 
 
G0
 
 
・エルミ
 
CBを使わず増殖しエンド時にハンドに戻るクソ優秀なテキスト。ランブリングローズで増殖し、一瞬でロストメモリーを3枚揃えます。パーツを全く引いていない場合リズベットフラワースクリーンリズベットの動きの中でフラワースクリーンをコピーし、マリガン枚数を増やすという使い方もできます。
V指定がついていますがアーシャに超越すれば関係ありません。
 
 

 

 
・リズベット
 
リフロスの正統後継者。このデッキ最大の悪。
墓地0枚指定でこのカードだけデッキに戻ることができる謎査定テキストを持っています。
無限パンプを成立させるための必須カードですがむしろ注目すべきは意味不明なハンド入れ替えの方だと思います。
このデッキは1枚目のロストメモリーフルーツバスケットを引かないといけないのが最大の課題です。サンクが下火の現在の環境がCB0だとクソ遅い(殴りきるというよりは相手を積ませるノキエルリンク、CBを使って好き放題動く七海やDiabloがシェアの大半を占めている)ため追い風ですがそれでもパーツを揃えるまで4ターンも5ターンも待ってはくれません。
このリズベットはそのパーツ集めの難度を大幅に下げます。
例えばリズベットA→リズベットB(orスイートベリー)この動きで無償2マリガン。ここにフラワースクリーンを織り交ぜリズベットA→フラワースクリーンリズベットコピー→リズベットBコール、リズベットA効果誘発でリズベットA、フラワースクリーン、リズベットBに効果付与
これで3マリガンです。
エルミでフラワースクリーンをコピーしたりスイートベリーやサリアンナでリズベットをコピーしたりトップでリズベットやスイートベリーを引いたりすると1ターンに4~5マリガンも可能になるリフロスのダメ入れ替えを彷彿とさせる極悪テキストです。当然切った完ガを一気に2~3枚山の中に戻すことも出来ます。
醒トリガーが勝手に山の中に戻っていくのでダブル醒を捲ってロストメモリーフルーツバスケットで1ターン9ドローも普通に起こります。
さっさとリフロス共々牢獄に送られてほしいと思います。
 
 
 
・デイブレイク
 
山の中に戻る醒トリガー。枚数−1で2枚に5kパンプという査定的には妥当と言えますが重要な動きを2つします。
まず一つ目は上で説明した無限5パンのパーツとしての動き。
二つ目は相手のインターセプトをかわすアーシャと同じ役割です。こいつでパンプをいれてインターセプトのみで守れなくさせる動きは超重要なので覚えておいたほうがいいと思います。
 
 
 
Gゾーン
 
 
・夢紡ぐアーシャ
 
初回でつく5kパンプはこのデッキのためにつけられたのかと思うレベルです。フルーツバスケットロストメモリーが19kになり、仮にインターセプト2枚でもVでリアを叩けば守れなくなります。2回目以降のコピーテキストやそもそもエルミが使えるようになるのでここは4必須だと思います。
 
 
 
無限パンプ星人、終わり。
 
 
・アトモス
 
ポックル起動、終わり。
 
 
以上です。見ればわかる通りカード同士の異常な噛み合いとそれを支えフィニッシャーにもなるリズベットという悪によって構成されています。
 
 
最後にノキエルとリンク相手だけは戦い方が特殊なので説明したいと思います。
 
 
vsノキエル
 
無限パンプを達成するまでは一点までしかいれてはいけません。それ以上いれると死にます。
相手の攻撃を4点までに抑え完ガを墓地から回収しまくって4枚握りこみ、ノキエル側の無限(もしくは無限に近いパワー)5パンを耐えられるよう調整します。向こうは1点しかないためノキエルの回収テキストが使えずこちらが先に無限5パンにたどり着くのでそれを2回繰り返します。無限で10回殴ればさすがのノキエルも死にます。負け筋はドリームライトを素引きされて自爆されること、ただしサリエルが使えないので大概こちらが先に山を掘り終えます。
 
 
vsリンク
 
一点も入れてはいけません。殴ったら点が入るようならVも殴らずにドローゴーしてください。
超越後も相手が点欲しさにV単騎で殴ってきたら横のロストメモリーフルーツバスケットを捻ってVは殴らずターンを終了しましょう。
その後無限5パン→ロックカードをポックルで全解除(リズベットで山に戻せるため2枚しか入っていませんがターンに3回発動する事も可能です)→無限5パンで完ガ4枚をぶち抜いて6点を入れることが可能です。
負け筋は最速チャコール素引き(ロックカードがないためカーボンが使えない)からのアレスターで後ろのエルミが焼かれること。滅多にありません。
 
 
ただ当然完全無欠というわけでもなくグレンがぶっ刺さってたりノキエル側に対策とられたりもします。
あとGガーディアンが出現するとフルーツバスケットエルフが止められるためこのままの構築では来期以降使い物になりません、強めのリペア案はすでにあるので機会があればブログにでも載っけようかなと思います。